X68030のVRAMを交換する

この記事は2009年2月に別サイトに書いたものを再掲載したものです。

X68kの予備機を入手したので修理しました。

 X68030が届いてまずやる事は電源修理です。電源投入するまでもなく分解します。
 付いている電源は未修理でしたので修理済みのEXPERT電源で動作確認し本体は動くことを確認しました。

 X68000の場合、初代機以外のモデルは電源のコンデンサは交換必須です。
 特にX68030やコンパクト系は電源に加えて各基板の電界コンデンサ全てを交換します。
 初代機も長く使うつもりなら交換した方がいいでしょうしこいつはバックアップ電池がヤバそうです。

 ということで、コンデンサ交換後、動作確認をします。
 OK OK・・・・・のつもりがここで別の故障を発見しました。


 動作確認と言ったら私の場合面倒なのでゲームのDEMOを走らせるようにしているのですが、画面に異常が出ているのに気が付きました。

上の画像のように一部のグラフィックが縦に切れていました。
(切れた状態の写真を撮っていなかってので思い出して加工してみました)


 ?


 ためしに普段使っている030で動かしてみます。もちろん正常です。
 Humanを起ち上げますが、テキストには問題ないようです。

 テキストはきれいに表示されています。
 グラフィックの一部が縦に切れて表示出来ないようです。
 
 ・・・・・VRAMがイカれているのかな・・・・。

 よくわからないのでX68系の掲示板に書き込んでみるもどうも反応を頂けません。
 よっぽど特殊な故障か、分かりきった故障のどちらかなんでしょうか。

 こうなれば頼りになるのは自分の勘しかありません。
 といっても自分に出来るのは部品の交換程度です。仕方ないのでVRAMの張り替えを考えました。

 X68030に搭載されているVRAMはCSiのCAT51C262ですが見つかりません。
 VRAMは全機種を通して共通だろうとXVIを見たところ、日立のHM53461ZPが載っていました。
 テキストの方にはOKIのM51C262が載っていました。(なぜ同じものでないか不思議)

 X68000とX68030の大きな違いといえばMPUとASIC程度なのでVRAMの流用は可能だろうということで、壊れたXVIの基板から移植を考えました。

 ところが一部の足(多分VCCとGND)がなかなか抜けません。焦って作業するので足を折りまくりです(T T
 移植する場合、本来なら故障している石を特定して交換するのが効率良いのですが、どれが故障しているのか分からないので適当に交換していました。

 しかし移植したものの変化がありません。M51C262も移植してみますが変化なし。それどころか絵が出なくなる始末です。
 すべての石を一度に交換している訳ではなく、故障箇所を特定しているわけでもなく、無計画に移植しているだけですのでこれでは上手くいくはずないですよねー。

 ・・・・・・・。

 こういう時はとりあえず頭を冷やします。


 030に載っているVRAMはCSiの石でXVIは日立・OKIの石でした。移植して治ったとしても、CSiや日立・OKIが混在している状態は気持ちの良いものではありません。

 全部張り替え?
 ・・・・・新しいの探す?

 ・・・・・ということで、新品のVRAMを探しました。

 いくつかあたったところ日立のHM53461ZP-10を見つけました。
 (ちなみに富士通のFM-TOWNSにもHM53461ZPは載っていますが確認したものは120n品でした。X68030には100n品が使われています)

 これで動くかどうか分かりませんが、やってみるしかないですね。

外したVRAMがこれ。

よく見えないですが散々弄くったあとなので各社の石が混ざっていますw


 さて、再利用しないとなるとVRAMを外すのに慎重姿勢が抜けていきます。

 その結果パターンを切ってしまいました orz
 マヌケですね・・・。半田の吸い取りにサンハヤトのHSK-100を使ったのですが、慎重にしないとコテ先が鉄ですから基板を傷めます。

 パターンを追って切った個所をメモしておき、とりあえずVRAMを半田付け。
 で、パターン修正。

よく見えませんが3か所ほどやらかしています。
 そのほか、パターンは切れていないが表面のコーティングが剥げていたりする箇所があるので・・・・
 周辺にマスキングして腐食防止にラッカースプレー(クリア)を吹き付けておきました(^^;


 実装後の部品面です。

適当に仮組みします。CRT基盤はショートに注意ですね。

 テスト開始。

 こちらも問題なしです。

 ・・・・ひとつ問題があるとすれば映っているモノに問題があるかもしれません(汗;;

 縦に切れていたグラディウスIIもOKです。

この状態で、2・3日つけっぱなしにします。

 問題がなければカバーを閉じて完了です。

 完成後は底にでも修理履歴を書いておきます。コンデンサなどの交換履歴は後々役に立ちます。
 入手してすぐコンデンサ交換。途中、投げ出したりで結局VRAM全交換まで1年位かかりました。


 ちなみに、下の写真はテスト中にメンテに持ち込まれた液晶モニタですが・・・・

 液晶とCZモニタを並べてみたところこの差に驚きました。
 CZモニタは89年製のご老体ですが液晶はNECの2000年製造品。

 やはり寿命の点からもブラウン管は優秀ですねー。(CZモニタも電界コン類の交換した方がいいです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました